クラウディアン、シスコ製サーバーとの互換性認証を取得

~ 「CLOUDIAN HyperStore」とCisco UCS S3260を使い
経済的で堅牢なオブジェクトストレージを構築、運用 ~

2017年7月4日
クラウディアン株式会社

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋)は、シスコ・ソリューションパートナー・プログラムにより、SDS(ソフトウェア デファインド ストレージ)製品「CLOUDIAN HyperStore」がCisco UCS(R) S3260ストレージサーバーおよび統合されたCisco UCS Managerとの互換性認証を取得したと発表しました。

 

※ Cisco UCS S3260とCLOUDIAN HyperStoreの性能機能評価レポート

 

Cisco UCS S3260による性能及び機能試験で良好な結果を得た「CLOUDIAN HyperStore」は、シスコ製サーバーをはじめとする業界標準サーバーをハードウェアに使い、自社管理するデータセンター内にオブジェクトストレージ・システムを簡単に構築・運用できるSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)です。

「CLOUDIAN HyperStore」は3台からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有します。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータを保護します。

特に、100%ネイティブ対応のS3アーキテクチャーを持ち、S3対応のアプリケーションとの相互運用性を担保しており、S3との接続性を備える数百もの既存の主要なバックアップ、データ管理ソリューションを統合できます。

シスコシステムズ合同会社のデータセンター/バーチャライゼーション事業担当 部長 石田 浩之様より、以下のエンドースメントをいただいています。

「このたび、CLOUDIAN HyperStoreとCisco UCS S3260ストレージサーバーとの互換性が認証されたことを、たいへん喜んでいます。CLOUDIAN HyperStoreは、ファイルやバックアップ、アーカイブの保存といった従来型のユースケースはもちろんのこと、インターネット経由でデータを収集するIoTやビッグデータを使う深層学習などのAIといった利用にも最適です。今後、この両製品を組み合わせたソリューションを多くのお客様にご提案したいと思います。」

Cloudian Inc.のCMOであるJon Toorは「Cisco UCS S3260ストレージサーバーおよび統合型Cisco UCS Managerとの認証は、CLOUDIAN HyperStoreの利点を最大限に活用できる新たな方法です。」、さらに「業界で最もシンプルな拡張性を有するストレージ環境でデータを保存、アクセスできるシームレスなデータ管理を、顧客の既存のハードウェアでも、CLOUDIAN HyperStoreアプライアンスでも、そしてシスコのプラットフォームでも実現できるのです。大きなシスコ・パートナー・エコシステムを通じてHyperStoreを利用して頂けることを光栄に思います。」と述べています。

シスコ・パートナー・エコシステムの一部であるシスコ・ソリューションパートナー・プログラムでは、シスコ社とサードパーティの独立系ハードウェアベンダーやソフトウェアベンダーが共通の顧客に統合型ソリューションを提供します。クラウディアンはプリファード(Preferred)ソリューションパートナーとして、少なくとも一つのソリューションについてシスコの互換性認証を取得しました。該当するソリューションの顧客には24時間×7日の顧客サポートを提供します。

※本プレスリリース内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。

■CLOUDIAN HyperStoreの概要
CLOUDIAN HyperStoreは、ソフトウェアデファインドのオブジェクトストレージ製品です。汎用サーバーをハードウェアに使い、3台からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有します。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータを保護します。国内外の大手クラウドサービスとエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

Share This:
Facebooktwitterlinkedinmail