ニュース

プレス・リリースPress release

電通、クラウディアンら4社で、ディープラーニングを使った
屋外デジタル広告実証実験に着手

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:石井 直)、クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:太田 洋)、スマートインサイト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:町田 潔)、Quanta Cloud Technology Japan株式会社(本社:東京都港区 代表取締役会長:Mike Yang)は、インテル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:江田 麻季子)の協力のもと屋外広告実証実験プロジェクト(略称:OOHプロジェクト)を発足し、ディープラーニングを活用した先進的な屋外広告実証実験を開始しますので、お知らせいたします。

この屋外広告実証実験プロジェクトは、屋外広告におけるターゲティング広告の実用化を目指すものです。今までターゲティング広告が難しいと言われてきたデジタルサイネージの屋外広告分野において、ディープラーニングによる人口知能(AI)と、IOT(モノのインターネット)が集める膨大な映像情報および属性情報、高速にビッグデータを保存・分析する最新ソフトウェア技術、性能と経済性の高いハードウェアを最適に組み合わせ活用し、常に移動するターゲットの属性に合わせた屋外広告をリアルタイムで表示します。

その第一段として、 屋外設置ビデオカメラの映像からリアルタイムに通行状況を判別し、道路沿いのデジタルサイネージに適切な広告を表示する実証実験を東京都内で行います。

今までは事前に決められたスケジュールに従って流していた屋外広告を、ディープラーニング(*)を用い自動車のメーカー名、車種の分類、モデル名などを高精度かつリアルタイムに認識・判別することによって、通行状況にに最適化された内容で、タイミングよく表示させることを可能にします。

(*)ディープラーニング: ディープラーニングとは、分類を行う機械学習の一つで、ラベル付けに応じて特徴を自動的、かつ多層にわたって抽出するため、ラベル付けされた大量のサンプルでモデルのトレーニングを行うことで、従来の手法では達成できなかった分類精度を実現させることができる方法のことをいいます。

また、デジタルサイネージへの広告配信のみならず、時間帯別・車種別交通量や走行速度も自動的に計測し、数値化することが可能になるため、 従来の人手による計測データと異なり、常時正確な交通量の把握ができるようになります。これにより詳細な媒体価値の測定はもとより、より汎用的な交通量調査などへの応用が期待できます。

ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ
ディープラーニングを使ったリアルタイム道路広告のイメージ

今後、自動車のターゲティング広告とショッピングモールや観光地での行動アトリビュート連動広告や、自動車のみならず人(消費者)の行動分析に基づく新しいリアルタイム広告のあり方などについての実証実験も計画しています。

なお、本プロジェクトでは、ディープラーニングをCPU上で高速演算するために、インテル株式会社より、次世代高速ベクター処理技術の支援を受けて進めます。

インテル株式会社 常務執行役員 ビジネス・デベロップメント 平野 浩介様より以下のコメントをいただいています。
「インテル アーキテクチャーは、ビックデータ分析や機械学習の開発向けに高性能でセキュアかつ強固な基盤を提供します。インテルは、柔軟でコスト効率の良いディープラーニングを活用した、今回の屋外広告実証実験プロジェクトをインテル最新の製品とテクノロジーにより協力できることを光栄に思います。」

■ OOHプロジェクト参加企業と役割

株式会社電通:http://www.dentsu.co.jp/vision/summary/
    ディープラーニングを活用した屋外広告の企画、販売、および媒体開発

クラウディアン株式会社:http://www.cloudian.jp/company/
    ディープラーニングを活用した実証実験システムの開発および教師データを含むビッグデータのストレージ製品であるCLOUDIAN HyperStoreの提供

スマートインサイト株式会社:http://smartinsight.jp/company
    次世代データ統合&ディスカバリ製品であるMμgen®の提供、および屋外広告最適化の為の分析支援

Quanta Cloud Technology Japan株式会社:http://www.qct.io/Company-AboutQCT
    実証実験で必要となるディープラーニング用高性能サーバー等ハードウェアの提供

インテル株式会社:http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/company-overview/profile.html
    ディープラーニングをCPU(Central Processing Unit)上で高速演算するための次世代高速ベクター処理技術の支援

※Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

■ CLOUDIAN HyperStoreの概要

CLOUDIAN HyperStoreは、P2P(ピア・ツゥ・ピア)アーキテクチャであり、汎用サーバー2台(推奨3台)からスモールスタートし、数ペタバイト超級にまでスケールアウトできる高い拡張性を有するAmazon S3 API完全準拠のオブジェクトストレージシステムです。複数サーバー間、さらには複数データセンター間でも、自動複製・分散配置により堅牢にデータ保護します。日本においてはニフティ、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本をはじめ、世界の大手クラウドサービスと、数多くのエンタープライズITのオンプレミス・ストレージとして採用されています。

■ クラウディアンについて

日本と米国を開発拠点とするクラウディアンは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でハイブリッドに活用できるSDS(Software Defined Storageソフトウェア定義ストレージ)である「CLOUDIAN HyperStore」をソフトウェア製品およびハードウェアアプライアンス製品により提供しています。

ホームページ: http://cloudian.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/cloudian.cloudstorage.S3
Twitter: https://twitter.com/Cloudian_KK
ブログ: http://www.cloudian-blog.com/

※本プレスリリース内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。