ニュース

プレス・リリースPress release

クラウディアン、「Cloudian HyperStore Readyプログラム」を開始

~ Cloudian HyperStoreソフトウェア実装済みの多彩なアプライアンス製品とソリューションパッケージが実現する“Cloud Storage for Everyone” ~

クラウディアン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下、クラウディアン)は、クラウディアンのパートナーが、Cloudian HyperStore® ソフトウェア(以下、Cloudian)を実装したハードウェア・アプライアンス製品やソリューションパッケージを提供する「Cloudian HyperStore Readyプログラム(以下、Cloudian Readyプログラム)」の導入を発表しましたので、お知らせいたします。

Cloudianは、汎用サーバーをハードウェアとして使い、クラウドストレージの事実上の標準であるAmazon S3のAPIに完全準拠するクラウド・オブジェクトストレージを構築・運用できるソフトウェア製品です。

このたび、世界市場に先駆け日本から導入するCloudian Readyプログラムは、認定を受けたクラウディアンのパートナーが、お客様のニーズにあった様々な機種や仕様の汎用サーバーにCloudianをあらかじめ実装し、ハードウェア・アプライアンス製品として販売するものです。また、それぞれのパートナーが、アプリケーション、ネットワーク機器、周辺機器、保守サービス等を独自に組み合わせ、ソリューション・パッケージとして販売することも予定しています。

Cloudian Readyプログラムにより、クラウディアンのパートナーは自社が扱うハードウェア、アプリケーション、サービス等とCloudianを組み合わせて販売することができます。また、お客様にとっては、ハードウェアの調達やアプリケーションの選択等の手間なしに、非常に低コストで、拡張性、信頼性の高いCloudianデータストレージを導入できます。特に、S3 APIに互換したプライベートクラウドや、マルチメディア・コンテンツ、医用画像データ、データ・バックアップ、ビッグデータ・アプリケーション等、エンタープライズITのストレージ基盤としての活用が期待されます。

現時点において、Cloudian Readyプログラムへの参加を計画しているパートナーは以下のとおりです。

  • 株式会社ACCESS
  • NECネッツエスアイ株式会社
  • 株式会社科学情報システムズ
  • コアマイクロシステムズ株式会社
  • ジグソー株式会社
  • 株式会社トゥモロー・ネット
  • 株式会社日立システムズ
  • ファイルフォース株式会社
  • FOBASコンサルティング株式会社
  • 他、今後追加予定

    引き続き、クラウディアンではCloudian Readyプログラム参加パートナーを募集しています。これによりお客様の選択肢を増やし、より便利に簡単にCloudian HyperStoreソフトウェア及びアプライアンスをご利用いただけるようにします。

    本プログラムの発表に際し、インテル株式会社 常務執行役 ビジネス・デベロップメント 平野 浩介様は次のように語っています。

    「今日、デジタルサービス経済の勃興と、それに伴うビッグデータ活用やIoTの成長を利用した“攻めのIT“で、企業におけるビジネス拡大が急務となっています。大量に生成されるデータをコスト効率よく収納し、利活用を行うためにも、分散ストレージに代表されるストレージの近代化は、IT基盤改善には必須となっています。インテルは、今回のCloudian HyperStore Ready アプライアンスの発表によって、IT基盤改革が加速されることに期待しております」

    なお、米国市場ではクラウディアン製アプライアンスの提供も開始します。

    Cloudian HyperStoreについて

    Cloudian HyperStoreはAmazon S3 API完全準拠で、マルチテナントとマルチデータセンターに対応するソフトウェアベースのオブジェクトストレージ製品です。エンタープライズITやサービス事業者は、パブリッククラウドやプライベートクラウド環境で、拡張性、信頼性の非常に高いオブジェクトストレージを展開できます。Cloudian HyperStoreは完全分散型アーキテクチャーであり、単一障害点がありません。また、エンドユーザーのアプリケーションだけでなく、課金、監視、プロビジョニング等の管理機能にも対応する包括的なユーザーインターフェースも提供しています。ノード2台から、複数のデータセンターに跨る数百台のノードまで拡張可能であり、ペタバイト級のデータに対応し、異種混在の汎用サーバーを用いて、コスト効率の高い水平拡張を実現します。

    クラウディアンについて

    クラウディアンは、ソフトウェアベースのオブジェクトストレージ製品であるCloudian HyperStore®をはじめ、これまで国内外の通信事業者向けの大規模分散型システムを開発提供してきています。主なお客様はNTT東日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、ニフティ、ネクステルインターナショナル、ボーダフォングループ、Tモバイルグループ、アルカテルルーセント、ルナクラウドなどです。日本、米国、中国に事業拠点を有しています。

    ホームページ:http://cloudian.jp/
    Facebook:https://www.facebook.com/cloudian.cloudstorage.S3
    Twitter:https://twitter.com/Cloudian_KK
    ブログ:http://www.cloudian-blog.com/

    ※ 本文書内の商標や登録商標はすべて各所有者の資産です。

    ※ インテル、インテルロゴ、Xeonは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

    ※ クラウディアンの企業ロゴを刷新しました。

    Cloudian HyperStore Ready program