IDC WHITE PAPER

データ活用によるビジネス価値の創出を支える

クラウディアンの「スマートデータストレージ」ソリューション


背景

IDCの提唱する第3のプラットフォーム(クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、モビリティ、ソーシャル技術)を利用し、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて価値を創出し、競争上の優位性を確立する「デジタルトランスフォーメーション」に取り組む組織が今後増加するとIDCでは見込んでいる。

データ活用の観点では、クラウド、モビリティ、ソーシャル、IoTなどによって、データの種類やソースが多様化すると共に、非構造化データを中心に組織が管理するデータ容量も急増する見込みである。

また、こうしたデータからビジネス価値を創出すべく、ビッグデータ/アナリティクスへの取り組みが進んでいるが、今後は、認知システム、AI(人工知能)、機械学習といった新たなテクノロジーの活用によって、データ活用の裾野が広がると共に、多様かつ大容量なデータからさらなるビジネス価値の創出を目指す取り組みが進展するなど、データ活用の重要性が高まるとIDCではみている。

本調査レポートでは、IDCの調査結果に基づき、国内ユーザーにおける非構造化データ管理の実態を概観すると共に、「スマートデータストレージ」ソリューションの国内展開を加速するクラウディアンの国内戦略を分析する。


目次

  • ● 国内ユーザーにおける非構造化データ管理の実態
  • ● 非構造化データの保有状況と種類別増加見込み
  • ● 非構造化データを管理するストレージインフラに求められる特性
  • ● 非構造化データ管理の課題と解決策
  • ● データ活用ニーズに対応可能なストレージインフラの必要性
  • ● 日本発のストレージソリューションを提供するクラウディアン
  • ● エンタープライズへの普及が進む CLOUDIAN HyperStore
  • ● CLOUDIAN HyperStore のエンタープライズにおける適用ワークロード

資料ダウンロード 【必要事項入力】

下記フォームに必要事項を記載して下さい。(印は必須項目)
※注意 「確認」ボタンが無効な場合は、フィールドのフォーマットにしたがい入力し直すか、一度すべてのフィールドにカーソルを移動後、再度「確認」ボタンへお進み下さい。「確認」ボタンが有効になります。